遺言信託

遺言信託とは

現在、遺言信託という言葉は2つの意味で用いられています。
一つは、信託銀行等が提供するサービスとしての遺言信託。
もう一つは、遺言により信託を設定することを指す遺言信託。
どちらも遺言信託と言いますが、ここでは前者を遺言信託サービスという事にします。

当センターが行う遺言信託サービスは、お客様の資産状況やご要望をお伺いして、
お客様のニーズにあった遺言書の文案を作成し、その遺言書を公正証書にします。
もちろん、公証役場の予約や面倒な証人の手配も当センターが行ないます。
その後、遺言の効力が発生するまでお客様の遺言書を大切に保管・管理し、
遺言の効力が発生した後は、遺言者様の想いを形にするべく、
正確かつ迅速に遺言を執行いたします。
相続時に発生する面倒な手続きを一括してお任せいただけるサービス、

それが当センターが提供する“遺言信託サービス”です。

実際に相続が発生した際に、残されたご家族の方から、
「相続手続きを、どこでどのように行ったらよいか分からない」
「手続きが専門的すぎて、自分ではできない」
という声をよく耳にします。

当センターの遺言信託サービスをご利用いただけば問題ありません。
遺言書作成時に、当センターを遺言執行者として指定することで、当センターが
残された相続人に代わって、面倒な諸手続きを行ないます。

せっかくの遺言書も正しく執行されなければ、意味がありません。
当センターの遺言信託サービスは、公正証書遺言の作成をはじめ、保管・管理、遺言の執行まで、当センターが遺言執行者として相続手続きを行ってまいります。

※当センターでは、遺言により信託を設定するサービスも取り扱っております。お気軽にご相談ください。

遺言信託サービスの流れ

ステップ1

お申込み、遺言書作成のご相談

お客様のご希望を伺いながら、遺言の内容を確定します。
税務面・法務面での専門家のアドバイスを受けることもできます(無料)。

ステップ2

公正証書遺言の作成

お客様のご自宅最寄りの公証役場で公証証書遺言を作成します。
当センターが証人として立ち会います。

ステップ3

遺言書の保管

公正役場で交付を受けた遺言書を大切に保管いたします。
遺言の内容や財産、相続人の異動等について、定期的にご照会します。

ステップ4

相続開始のご通知

遺言書が逝去された場合、相続開始通知者より、ご通知をお願いします。

ステップ5

遺言の執行

相続開始のご通知後、執行を開始いたします。
□法定相続人や対象財産の確認
□財産目録の作成
□相続財産の名義変更、引き渡し手続き

遺言信託サービスにかかる費用

遺言書に記載する相続財産の価格に基づき、下記の通り計算いたします。

遺言書に記載する相続財産の価格 報酬
5000万円未満  50万円
5000万円以上~1億円未満 70万円
1億円以上 90万円~

業務の内容

  1. 戸籍の収集
  2. 遺言書の文案作成
  3. 公証役場との打ち合わせ
  4. 証人の手配
  5. 公正証書遺言謄本の保管
  6. 遺言執行者としての執行手続
  1. 実費として、戸籍謄本等取得にかかる収入印紙代などをご負担いただきます。
  2. その他、別途遺言執行に必要な実費がかかります。

無料相談・お問合せフォーム

  • 無料個別相談会 土日・夜間も対応します。
  • サポート料金表
  • 当センターは、横浜駅西口から徒歩3分
  • 相続・遺言お役立ちサイト
ページTOPへ

相続・遺言トータルサポートセンター
【運営】一般社団法人 相続遺言トータルサポートセンター

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町二丁目23番地2 TSプラザビル3階
TEL:045-323-1616 FAX:045-290-6850